素直ってとんでもない才能だと思った。40歳にして別人レベルに化けた人の話。

こんにちは、土谷愛です。

今日はわたしが25歳のときに出会って
なかなかに衝撃を受けたとある同僚の話をします。

↓ちなみに先日Twitterでツイートしたこの話です。

うーんすごい。

 

結論からいうと、「素直さ」ってとんでもない才能だって話です。

いやマジですごいんですよ。この話。

 

25歳の女性上司と40歳の男性部下の話

まずちょっと背景を書くと
わたしは新卒の22歳から営業をやってて

幸いなことに24歳になった年で
社内で飛び抜けた売上をあげてたので
25歳で営業部のマネージャーになりました。

いわゆる課長みたいな感じ。

マネージャーはつまり管理職なので
25歳にして、初めての部下を
受けもつことになったんですね。

もともと根暗でコミュ障な私にとっては
何が起こってるのかよくわからない
もはや奇跡みたいな状況です。笑

で、当然ながら
どんな人が部下になるんだろう、、
とドキドキしてたのですが

なんと私の下についたのは
40歳近い男性の中途社員でした。

 

「うわーマジか…」

って感じでした。正直。笑

いやーぶっちゃけやりづらいですよ。

ただでさえ25歳で若い上司になるのに
ひと回り離れた年上が部下になるのか…

しかも男性で
きっとプライドだってあるだろうし…

わたしなんかが上司なんて
知ったらガッカリするだろうな…

って。

 

だって当たり前だけどその方は
営業経験は私よりはるかに長いんですよ。
10年以上もです。

もうね

どう接したらいいんだろ?
って悩みまくりました。

そもそも敬語?
呼び方は●●さんでいいの?

私が教えることってあるの?
もし言うこと聞いてくれなかったらどうしよ、

なにか指示するときは
「●●してください」って
言えばいいの?失礼かな?

などなど…

わたしはとにかく心配性で
部下になるメンバーを知ってから
超考えまくってました。

チームの初めての顔合わせ前日は
緊張でお腹が痛すぎて
夜中にロキソニン飲んだほど。笑

それくらい毎日不安でしたね。

 

「僕にすべてを教えてください」に込められた覚悟

で、翌日会社に行って
初めてメンバーと顔合わせしたんです。

私をいれて5人のチーム。

新卒が1人。
20代の若手が2人。

そこに40歳が1人です。

 

いざ顔を合わせてからは
また妙に緊張してしまって、、

席を移動するとき

パソコン持つ手がガタガタ震えて
床に書類ぶちまけたりして

もう完全にやばい人です。笑

だけどその後

ようやく移動が終わって
わたしが席に着いたタイミングを見計らって

その40歳の男性メンバーが
わざわざ私の席にやってきたんです。

 

で、私が座ってる横で
いきなり膝を折って低い姿勢になって
私にこう言ったんですよ。

「僕に営業のすべてを教えてください」

 

で、続けて、

これからご指導よろしくお願いします、と
膝を床についたまま
わたしに深々と頭を下げたんです。

 

!?

ほんとに頭をガツンと殴られたような
衝撃でした。

正直このとき想定外すぎて
すぐには言葉が出てこなかったです。

 

だって、いくら私が上司になったとは言え

ひと回りも年上の男性が
25歳の後輩(しかも女性)に向かって
「営業を教えてくれ」と頭を下げる。

こんなこと普通できますか?

 

もちろんこの時のわたしって
指導者として超未熟者だったけど

そんな私でも一瞬でわかります。

 

「あ、この人は伸びる」って。

 

伸びるというか、
「化ける」
って感覚を初めて覚えた。

そんな感じだったかもしれないです。

さっきまでの緊張とは別の意味で
武者震いっていうのかな。
とにかく心から震えが走りました。

世の中には
こんな素直な大人がいるのかと。

めちゃくちゃ衝撃だったんです。

 

強みを活かして最高のパフォーマンスを出そうと決めた

だから私はそのとき
「この人を絶対に誰よりも売れる営業マンにする」
って自分の中で固く誓いました。

こんなにも素直に
自分を成長させるために動ける人を
成功させられなかったらそれはもう罪だ。

もうこれが私の使命だ!!!ぐらいに
メラメラ燃えてきたんですよね。

暑苦しくてすみません。笑

 

でも、じゃあどうやってこの方の売上伸ばそう?って考えると
もう十分伝わったと思いますが、
間違いなくこの方の強みは「素直さ」だから

ここを活かすのが間違いなく早いなと。
そう思ったわけです。

 

ということで素直さを武器にして

お客さんの心をくすぐりまくる
商談前の雑談ネタから
誠実さが伝わるメール文、
相手の心に響くプレゼンの内容とかを

そりゃもう徹底的に準備しましたね。

 

しかも、彼はまあとにかく素直で
教えれば教えるほどすぐ実践するので

わたしが持つセールスのノウハウは
とにかくすべて教えまくりました。

普段は、ここまでの情報量だしても
この人は受け止めきれないな、と思ったら
あえて全ては教えなかったりもするんですが

彼の場合はとにかく情報を与えましたね。

 

今までその年齢からか
放任されることが多くて
彼に手取り足取り教える上司はいなかったようで

本当にスポンジみたいに
彼はグングン吸収していきました。笑

とにかく今は私を信じてついてきて欲しいと
その言葉によく応えてくれました。

本当にどこまでも素直なんです。

 

ここまでやったら

結果は言わずもがな
たった3ケ月で
彼の売上は2倍になりました。

化け物レベルの成長っぷりです。。

いや本当にすごかったなあ…

というわけで

なにをするにも
素直さは最強の武器になりますよ
っていうお話でした。

素直な人って本当に貴重で
教えていても気持ちいいものです。

私も見習いたいなと思わされました><

 

そして実はこの人との後日談があります。

居酒屋でビール飲みながら話したんだけど、

意外にも深い話になったのでよかったら。

【後日談】正直者は嫌われる?「素直な営業マンは仕事ができない」という悩み。

 

 

PS.

そういえばTwitterで
最近は毎日つぶやいてるので
良かったらこちらからフォローしてください^^

このブログやメルマガを読んで下さってる方は
もし良かったらその旨DMもいただければ超嬉しいです!

 

 

 


******


私は元々コンプレックスをこじらせたダメ会社員でしたが
今では会社を辞めても十分な収入を得られるようになりました。

プレッシャーや時間などあらゆるストレスから解放され
マイペースに暮らす幸せな毎日です。

>>詳しいプロフィールを見てみる



会社員になって5年が過ぎたころ、自分の働き方に疑問を感じるようになりました。
「こんな働き方を一生続けて幸せなのか?」と。


そんなとき偶然にも、

自分では何の才能もないと思っていても
個人でお金を稼げる強みを見つける方法を知り

インターネットを使えば
収入に上限がなく、
時間も場所も自由に選び
やりがいを感じながら働ける

ことを知りました。


そして27歳のとき
たった一人、自宅で起業して
やりたいことや才能がなかった平凡な私でも
あっさりと人生を変えることができました。


この働き方について、昔の私のような人に届けたくて
無料メールマガジンで伝えていくことにしました。

今だけメルマガ登録のお礼に無料特典をお送りしており、そちらも好評です。
ぜひこちらから受け取ってみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳 個人起業コンサルタント。 22歳から働きまくってトップ営業マンになり、 25歳で広告ベンチャーの最年少管理職にのぼり詰めるも 雇われて生きることに疲れ、起業家の道へ。 好きな言葉は『本質・最短・効率化』。 趣味は仕事♡ キラキラインスタ女子と真逆にいる、冷めてる系女子です。