「モテる女の特徴」を信じるな。美人ではないけどなぜかモテる人の理由とは?

こんにちは、土谷愛です。

あなたの周りには、ものすごく美人なわけではないけどすごくモテるとか、いつも好きな人にめちゃくちゃ愛される人っていませんか?

昔の私はそれを横目で見ながら、正直「なんでだろう…?」って思ってました。

 

でも、今ではその理由がよくわかるようになりました。

美人ではないのになぜかモテる人にはとある共通点があったんです。

 

恋愛本の「モテる女性の特徴」を信じるな

ちなみにここで私が言う”モテる”とは「たくさんの異性からちやほやされる」というより「人からちゃんと愛される」という意味で使います。

 

よくネットや恋愛系の本で「モテる女性の5つの特徴!」みたいな記事を見かけませんか?

恋愛で悩む人ほど読みがちだと思うんですが、全然モテなかった昔の私も例に漏れずそういうのをよく読んでました。笑

 

で、大体そこに書いてあるのは「連絡をすぐ返さない」「ハンカチは常備」「相手を褒める」とか、いわゆるテクニック的なことが多いです。

 

 

でもあるとき気づいちゃったんです。

 

ああいう恋愛の自己啓発本を読んで

そこに書いてある理想の女性像をただやみくもに目指したって意味がないってことに。

 

なぜならいくら表面的にそう取り繕っても結局相手にはバレるから。

それに無理して理想の女性を演じて、その結果人から好かれたとしても、好かれ続けるためにはその理想の女性をずっと続けなきゃいけないんですよ。

それって本当のあなたじゃないからしんどくないですか?

付き合うことが目的ですか?ゴールですか?って話なんですよね。

 

 

だけど、そんなしんどいことしなくても好きな人に愛される方法って実はあります。

そして、それは上に書いたような”なぜかモテる人たち”が密かにやってることでもあります。

 

その方法っていったい何なんでしょうか?

 

モテる人の共通点は「自分を知っている」こと

結論ですが、なぜかモテる・愛される人の共通点は間違いなく「自分を知っていること」です。

つまり愛される方法とは、自分の強みを活かすこと。

これが答えです。

 

強みってどういうことか?って言うと例えば

美人ではないけど人より共感力が高くて話を何時間でも聞いていられるとか、

美人ではないけど人より思考力が深くて話が独特で聞いてておもしろいとか、

美人ではないけど人より何かに詳しくていつも新しいことを教えてくれる

というふうに。

 

つまりこの人は他の人よりも一緒にいて心地いいな、楽しいなと思わせる強みを持っていて、それをきちんと発揮してるからこそ愛されるんです。

 

もちろん強みは人それぞれ違います。

100人いれば100通りの強みが出てくるでしょう。

だから書店に並べて一般ウケするように広く浅く書かなきゃいけない恋愛啓発本には決してこんなこと書いてません。

 

でも、そもそももし全員が同じテクニック使ってニコニコしたら、絶対埋もれちゃいますよね。

みんな同じに見えるじゃないですか。

でもそこであなただけの強みを存分に活かすことによって「人とは違うな」と思われて、だからわざわざあなたを選ぶ理由になるんです。

 

ちなみに自分の強みを見つけるには

自分が人よりできることは何?って問いに答えられるかどうかが鍵になります。

これって意外と難しい問いなんですが、なぜかモテる人たちはみんな自分の強みを活かしてます。

 

なぜモテる人たちは自分の強みを知っているのか?

じゃあなんでモテる人たちは自分を知っているのか。

その答えはまさに「美人ではないから」です。

 

彼女たちの多くは「自分の外見だけではそこまで強みにならない」とわかっているからこそ

じゃあ自分の強み(魅力)ってどこなのか?

どうしたらより魅力的に見えるか?

を普段から深く深く考えているんです。

 

これは「私は可愛くないから…」「どうせあの子と違ってブスだから」と外見コンプレックスを諦めてるだけの人とは大きく違うところです。

 

大切なことは、

外見にコンプレックスがある。

じゃあどうするか?

諦めるのか?

それとも、どこか別のところで魅力を磨いて勝負するか?

っていうこの発想ができるかどうか。

 

 

同じような人がずらっと並ぶよりも

人と違うところがある人はすごく魅力的に見えるし

その人と一緒に過ごすのが他の人よりも心地よければ、食事や遊びに出かけるときに気軽に声をかけてもらえるようにもなりますよね。

 

そうすると誘われるあなたも自分にどんどん自信がつきます。

で、もっともっと魅力が爆発する。

 

この状態になったらますますそんなあなたに魅力を感じる人って増えていきます。

これがモテるってことなんです。

 

大切なことは「自分を知っているかどうか」です。

 

人にとって自分のどこが魅力的に見えるのか?

これをきちんと知ってる人って実は案外めちゃくちゃ少ないです。

だからこそチャンスなんですよね。

 

今回は「モテる」という軸で話しましたが、実はこれって恋愛だけじゃなく仕事でも面接でもあらゆることに共通する本質的な考え方です。

 

 

じゃあどうやって自分の強みを見つけるのか?

このブログで、自分の強みを見つけるコツや考え方を他にもたくさん書いてます。

 

例えばこのあたりの記事とか読んでみると面白いと思います。

素直ってとんでもない才能だと思った。40歳にして別人レベルに化けた人の話。

勉強ばかりしてるとつまらない人間になってしまうらしい。だから彼女は勉強をやめた。

 

これもなかなか好評な記事。

「無意識に人を観察するクセ」がコンプレックスだった私は、生きてるだけでしんどかった。

 

 

ぜひ自分の強みを見つけてください。

コメントやメールなどで感想ももらえると喜びます。

 

 

 


******


私は元々コンプレックスをこじらせたダメ会社員でしたが
今では会社を辞めても十分な収入を得られるようになりました。

プレッシャーや時間などあらゆるストレスから解放され
マイペースに暮らす幸せな毎日です。

>>詳しいプロフィールを見てみる



会社員になって5年が過ぎたころ、自分の働き方に疑問を感じるようになりました。
「こんな働き方を一生続けて幸せなのか?」と。


そんなとき偶然にも、

自分では何の才能もないと思っていても
個人でお金を稼げる強みを見つける方法を知り

インターネットを使えば
収入に上限がなく、
時間も場所も自由に選び
やりがいを感じながら働ける

ことを知りました。


そして27歳のとき
たった一人、自宅で起業して
やりたいことや才能がなかった平凡な私でも
あっさりと人生を変えることができました。


この働き方について、昔の私のような人に届けたくて
無料メールマガジンで伝えていくことにしました。

今だけメルマガ登録のお礼に無料特典をお送りしており、そちらも好評です。
ぜひこちらから受け取ってみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳 個人起業コンサルタント。 22歳から働きまくってトップ営業マンになり、 25歳で広告ベンチャーの最年少管理職にのぼり詰めるも 雇われて生きることに疲れ、起業家の道へ。 好きな言葉は『本質・最短・効率化』。 趣味は仕事♡ キラキラインスタ女子と真逆にいる、冷めてる系女子です。