【Q&A】仕事にできるほどの「好きなこと」が見つからない

こんにちは。土谷愛です。
メルマガ読者さまからこんな質問をいただきました。

いつも有益な情報をありがとうございます。

私は今の仕事が嫌いではないですし、やりがいもあります。
しかし、心から楽しい!と思ったり、仕事が好きと堂々と言えません。
仕事の日の朝は毎回気分が下がります。

そこで自己分析をしてみましたが、
好きだけど、得意だけど、仕事にするほどじゃないなと思ってしまいます。
また、仕事にしちゃったらしんどそうだな・・・と想像してしまいます。
(お小遣い稼ぎ程度ならできるかとしれませんが)

このような状況から仕事が楽しい!とか、
自分の強みを活かして楽しく仕事をする、
という状況にするにはどうすればいいのでしょうか。

やっぱり仕事は、ある程度ストレスもあるししんどいものとして、割り切らないといけないのでしょうか。

これからも応援してます!

結論から言うと、

「強み」の自己分析よりも、
「価値観」の自己理解が先かなと思います。


具体的には、

・なんで今の仕事が心から楽しいと思えないのか?
・なんで今の仕事が好きじゃないのか?
・具体的にどこが、なぜ嫌なのか?

ここを深掘りしてみることですね。

例えば、

今の仕事は誰からもありがとうが言われない。
上司の機嫌で指示が変わる。
誰にでもできる仕事でスキルが磨かれない気がする。

みたいな。

こうやって書いてみて始めて、

あー自分は人からの「ありがとう」がモチベーションになるんだな。
論理的で納得感がある仕事の進め方をしたいんだな。
どんどんスキルを磨いて成長を感じたいんだな。

などわかりますよね。

わたし自身も20代は
「自分に合った仕事って、、、」とさまよい
転職を繰り返した過去がありますが

結果として今のように
「自分を活かせる楽しい仕事」を
選べた転機は間違いなく
上記のように本音と向き合ったことでした。

「誰かに話すかも」と思うと、
純度100%の本音を出せないので、
誰にも見えないところで
きれいごと抜きにひたすら本音を出してみてください。


可視化されるとなお良いので、
ノートとかで書き殴るのが超おすすめです。

経験上も言えるのですが・・・
自分にとって大事な価値観を知らないことには、
いくら仕事内容を変えようが、職場を変えようが、
100%納得がいく仕事に就くのは難しいです。


仕事って、

どこかに素晴らしい天職が落ちていて、
それに出会えさえすれば勝手に自分にフィットする!

・・・みたいなものじゃありませんからね。

「楽しい仕事」って
ある日急に降ってくるんじゃなく
自分で能動的に作っていくものです。



あと、
そもそも気になったことは、

やっぱり仕事は、ある程度ストレスもあるししんどいものとして、割り切らないといけないのでしょうか。

ってとこです。


ここめっちゃ大事な考え方だと思うんですが

仕事はしんどいものと割り切らないといけない、
って一体、誰が決めるんでしょうか?


わたしでしょうか。
それとも、上司でしょうか?


・・・違いますよね。



「仕事=しんどい」と割り切りたいか、
それとも割り切りたくないか。

自分で決めていいんですよ。


というか、相談者さんも、
「割り切りたくない」と思うからこそ
聞いてるんじゃないかなぁ。
(と勝手ながらお察しします)

でも、相談者さんの現状は、

自己分析をしてみましたが、
好きだけど、得意だけど、仕事にするほどじゃないなと思ってしまいます。
また、仕事にしちゃったらしんどそうだな・・・と想像してしまいます。

とあります。


つまりこれって、
「仕事にしちゃうとしんどい」って言ってるのは、
「仕事=しんどいもの(確定)」
だと思ってるからですよね。まさに。


だから、まずは
「自分が仕事というものに持っているイメージは”しんどい”なんだ」
と認識しましょう。


で、その上で、
「これから先もそのイメージを持ち続けたいかどうか?」
をあらためて選べばいいんです。




ちなみに、わたしは、
「仕事=しんどいもの」って割り切るの
絶対に嫌ですよ。

テキストなので力説具合が
伝わりづらいと思いますが
ぜぇっっったいに、嫌!!! です。

このくらい嫌です。笑


だって、仕事って
人生の時間の大半を占めるものなのに・・・

「しんどいのが普通だ(だから我慢!)」

なんて思って生きていきたくないですもん。




一度きりの人生、わたしは絶対、
「仕事=最高に楽しいもの」と思いながら
夢中になって働きたいと思っています。

もし仮に、今の自分がそうじゃなくても、
今は周りにそんな人が一人もいなくても。



実現できるかできないかは置いといても、
わたしに「仕事は最高に楽しみたい」って価値観があるのは事実だから。

そこは認めてあげていいんです。

わたしは、その価値観は、
絶対ゆずりたくないところですね。



そのためにも、純度100%の本音で
「自分はどういう状況だと楽しめるのか」
自己理解することって大事なんですよね。


それが、あなたの仕事が
最高に楽しくなるための第一歩です。


ご相談ありがとうございました!

いつも応援しています。

質問や相談がある方は
お問い合わせフォームからどうぞ。

「27歳の会社員が起業するまで」PDFを無料で公開中


私は元々コンプレックスをこじらせたダメ会社員でしたが
今では会社を辞めても十分な収入を得られるようになりました。

プレッシャーや時間などあらゆるストレスから解放され
マイペースに暮らす幸せな毎日です。

>>詳しいプロフィールを見てみる



会社員になって5年が過ぎたころ、自分の働き方に疑問を感じるようになりました。
「こんな働き方を一生続けて幸せなのか?」と。


そんなとき偶然にも、

自分では何の才能もないと思っていても
個人でお金を稼げる強みを見つける方法を知り

インターネットを使えば
収入に上限がなく、
時間も場所も自由に選び
やりがいを感じながら働ける

ことを知りました。


そして27歳のとき
たった一人、自宅で起業して
やりたいことや才能がなかった平凡な私でも
あっさりと人生を変えることができました。


この働き方について、昔の私のような人に届けたくて
無料メールマガジンで伝えていくことにしました。

今だけメルマガ登録のお礼に無料特典をお送りしており、そちらも好評です。
ぜひこちらから受け取ってみてください。

メルマガ登録ヘッダー画像 メルマガ登録ヘッダー画像
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人見知りで大人しく、どんくさい性格が
子どものころからの強いコンプレックス。

そんな自分を変えたくて営業マンになるも、
毎日上司に怒鳴られ「辞めたい」と悩む日々。

しかし、24歳のときひょんなことから
「自分の強み」に気づき
売上ビリから一躍トップセールスに。

27歳で退職し「売れる強みの見つけ方」を
ブログで発信すると、口コミで評判が広まり
2021年に書籍化されて1万部超の大ヒット。

「強みを活かして自信あふれる大人を増やす」を
モットーに、講座運営や情報発信に力を注ぐ。

コメント

コメントする

目次
閉じる